オタクな学生の日常記録 1日1萌


by pipipipopopo

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

嫁、推参

まぶらほの新刊
表紙の千早が可愛過ぎます

ラノベ感想
【まぶらほ~じょなんの巻・に~】築地俊彦 AA
千早がついに告白しました
電車のなかで読んだんですが、かなにニヤニヤしてましたね
怪しさ前回です
悪霊がいい味出しすぎてます
千早には幸せになってほしいです
玖里子さんや凛が今回は影が薄かったけど
一樹を酔わしてなにやら聞きだした模様
それぞれ1歩は進んだみたいですね
次の展開が楽しみです。

バイト代が入った&休みだったので鞄を買いに行きました
いままで使ってたのは、中学1年のときに買ったもので
NATURAL FLIGHTの1番大きいサイズショルダー
かなり、ボロボロだったになってきてた
気に入ってたなんですけど、ちょっとサイズが小さいかなとか感じていたので
買い替えを
Leeのボンサック。色は濃い緑
とりあえずサイズと素材感は満足
使用感は使ってみないと不明
ただ、文庫本を入れておくスペース(というかポケット?)が無いかな
まぁ別に大大丈夫だろうけど
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-27 03:06

ラスト1週間

あと1週間
給料日は明日です
つまりここからが本番ですww

ラノベ感想
【世界平和は一家団欒のあとに3 父、帰る】橋本和也 AA
異世界に呼び出されて帰ってきた勇者様と異世界のお姫様の
子供たち、なんかしら特殊能力をもっていて
世界平和のために日夜悪と戦うハートフルな家族愛なお話
まさにラノベって感じの作品ですよね
特に今回はその傾向が強い感じがする
萌えと燃え(バトル?)のバランスもよくて
読んでて飽きてくることが無い
今回は親父さんが帰ってきた
ついでに厄介ごとを抱えた旧友も来た
軋人が認める初恋の人となるわけですが
どうみても柚島が居るわけじゃないですか
そこの辺りはやっぱり最終巻でケリをつけるのですよね
柚島のかわいさは正義ですね。
次巻は彩美の話になるのかなぁ
楽しみです
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-25 01:25

あと少し

あとちょっとで夏季休暇も終わりです
なんだかんだで楽しかったです
バイトもこの時期に始めてよかったとか思うわけで
いきなり両立は厳しかっただろうね

ラノベ感想
【嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん】入間人間 AA
個人的にはヤンデレ×ヤンデレだと思ってる
片方は嘘つきのヤンデレだけど
で殺されかけながらなんとかがんばって生きてるってお話。嘘だけど
嘘だけど

が減ったね
インド人を右にとかかなりネタを飛ばしてるところもあれど
基本的に文章が上手い
絶妙に回りくどい言い回しが好きです
なんで長瀬を捨てたんだ、と言いたくなるところですが
ビジュアル的にはまーちゃんの方が美人なのは扉絵より把握
みーくんは実はかわいい女の子とバカップルしたいだけなんじゃないか
とか思うわけですよ
っで、まーちゃんと居るほうがよりバカップルできると思った
というわけなんじゃないかとか考える
まぁ、どうでもいいけど
スプラッターは苦手です
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-22 08:44

ちょっと暇ができたから

今週はバイトが少なく、ちょっと時間がある
ということで、何かしよう
カードを触りながらいろいろ考える

1.掃除
とりあえず絨毯ローラーはやった
2.勉強
ノーコメントで
3.ゲーム
採用

a.オフライン
b.オンライン

そいうやMicMacがスキルリセットしたんだったっけ
そうだね、久々にやってみよう

というわけで久々にINしてみる
スキルリセットを活用してAAスキルを2次スキルにしっかり移行
あとは適当に割り振ってクエストをこなす
チキン&人が居なくてPTが組めない
チェスの城厳しいよ
リア友をもやっていたけど、最近忙しいみたいなんで誘えない
ちょっと声かけておくだけはしようかな
でも、相手のキャラの名前知らないんだよなぁ・・・

やっぱりグラフィックは無料の中では綺麗だと思うのよ
操作性も悪くないし、運営とか人とか居ればいいのになぁ
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-20 21:09

一気読み

電車の待ち時間が長かったりで一気読み

ラノベ感想
【扉の外Ⅲ】土橋真二郎 AA
どこかに閉じこめられた少年少女らがゲームをするお話
今回はヴァーチャルサバゲー
これで最終巻ということだが、これで終わりかねぇ
なんかいろいろ残っちゃてるような気がしないでもない
でも、この施設の真意が知れた以上、続けるのも興ざめだし
つまるところ、まだ種明かしは早かったんじゃない、と
このまま外に出れないのかとか、最後の蒼井のはなんだったのかとか
いろいろ解決してもよさそうなものだけど
あえて残してる辺りが、この作者らしいかな
賛否両論ある作品ですが、結局否から賛に移る人は無いだろうね
賛から否はいるだろうけど
3巻とも同じことを繰り返してるだけのような気がするしね
個人的には十分なほどに楽しめたのでいいですけどね。
次回作に期待していきたい作者ですね。
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-17 00:49

3冊目

ネタがないよ
本をもっと読みましょう

読後感想
【太陽の塔】森見登美彦 AA
もてない男が振られてストーカーまがいなことをしながら
もてない男たちと騒ぐお話
これだけ書くとなんか物寂しいですね
何かしらの点で、彼らは根本的に間違っている。
なぜなら、私が間違っているはずないからだ。

これまたすごいセリフですね
遠藤にアドバイスする「私」がツンデレにしか見えません。ほんt(ry
章をとるだけあって文書が魅力的ですね
もてない男のなんともいえない状態と心情が上手いこと描かれてて
大学生ってこれくらいのことはするかも、とか思わせる文章でした。
言葉選びの秀逸さは素晴らしいの一言に尽きますね。
男汁とかゴキブリキューブとかもうニヤニヤが止まらないですw
しかしばがら、やはりハッピーエンドは良いですね。

バイト3連チャンは厳しいですね
これを書いてないで寝たほうがきっと身の為なのは間違いないね。
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-16 00:57

金帯tueeeee

金帯は基本的には外れ無しだね

ラノベ感想
【カッティング~Case of Mio~】翅田大介 AA
あらすじとか扉絵とか見ないで読み始めるのが
とても重要なことに最近気づきました
手首に包帯を巻いた美少女に一目ぼれした、ちょっとひねくれた
世渡り上手な男子のお話
スパイスとして近未来的な延命(救命?)技術が出てきます
タイトルやイラストを見た感じでは自分には合わないかな?
とか思ったけど、かなり面白かった
基本的にボーイミ-ツガールは好物だからかね
あらすじを読まないでスタートしたから通り魔に指された辺りででは
結構な盛り上がりを感じられた
しかしあれだね、デートの待ち合わせ場所に1時間も早く来るとかね
もうツボに入り過ぎてにやにやしてしまいましたよw
金帯という看板にうそは無かったです。
次回策は恋愛だけのものも書いてほしいなとか、個人的希望
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-13 20:20

結構いけるもんだね

カードの大会後バイトへ
体力的に無理かと思ったけど
案外大丈夫だね
今月は日曜バイトばっかなんでしばらくこんな感じかな
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-10 00:34

怪しかっただろうな、と

電車の中で百面相気味に1冊読了

ラノベ感想
【"文学少女"と慟哭の巡礼者】野村美月 AA
とりあえずセリフの引用から
「この世界に、本も想像も、星の数ほどあるのよ!」

このせりふは良いね。さずが文学少女
さて、本題。今回の題材である『銀河鉄道の夜』
個人的にちょっとした思い入れのような、思い出のようなものがある作品なんで、
ちょっとうるっときましたね
さらに、一人の少女の神聖化とか覚えが無いわけではないので
この組み合わせはあまりにツボ過ぎましたね
美羽が物語に本格参戦して、修羅場あり、衝撃あり、決意あり
と作品としての最高潮を迎えましたね
遠子先輩は存在しない人間とはどういうことなのでしょか
まだ、遠子先輩に関してのエピソードが無いので、それは次巻で明かされるわけですね
なんで下宿してるのかとか、なんで物語を食べるのかとか
やっぱり気になるのは、なんで遠子先輩は、ミウの小説のの初稿を知っていたのでしょうか?
なぜか、さらなる盛り上がりを期待してしまいます
まだコノハが遠子先輩とななせのどちらを選ぶか分からないので
ラブコメ部分もまだまだ期待していいのですよね?
次巻が楽しみでしょうがない作品のひとつです。

さて、次は何に手をつけるか・・・
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-08 01:15

なんか書きたいよ

台風接近でバイトを早く上がれたので
なんか嬉しい
最近ネタがないのかしらんが何も書いてないね
本を読まないと書かないってどうよとか思うけど
まぁ自分のだしいいかとかも思う
なにかネタを探すように心掛ければ、少しは充実した日々を送れるのかな

読後感想
【青年のための読書クラブ】桜庭一樹 AA
桜庭式の長い年月を追った、短編連作
赤朽葉のような重苦しい雰囲気は無くどこか世間から離れた女学院の中の
さらにその狭い世間からも離れた異形の少女たちのお話
『正史には残らぬクラブ誌』という体裁で描かれるストーリは
なぜか背徳的でそれが魅力的だった
少女たちの心情の描き方はさすが桜庭だと思った
でも、砂糖菓子の弾丸~や、少女には向かない職業にあるような弾け方が足りないと思う
人を殺せとはいわないが、事件が些細過ぎる気も・・・
まぁ女学院の中でのお話なんてそんなもんでしょうけどね
そういういみでのリアルさはありますね
桜庭らしさ満載のいい本でした

「文学少女」シリーズ最新刊読進中
半分も読んでないのに名作確定。
[PR]
by pipipipopopo | 2007-09-07 00:52